プロフィール

ゆか

Author:ゆか
スノーボードの選手時代、拠点にしていた北海道でバックカントリー(自然の山を登り滑走するスタイル)に目覚める。
気がつけば山を登ること自体が楽しくなっていて・・・。地元千葉に戻った今は自称「週末登山家」(笑)に変身★
関東平野の真っ只中で暮らすふつうのOLは、週末になると気の向くまま各地の山を渡り歩くのです♪
2010年、趣味で千葉県成田市発「なりた登山会」を結成しました★

■当ブログはリンクフリーです■

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Eco Action
ブログで苗木を育てています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/26 富里スイカロードレース

富里スイカロードレース、走ってきました~
成田のお隣、富里市はとっても美味しいスイカの名産地なのです
スイカロードレースは、ご自慢のスイカが食べ放題のとっても楽しいシティラン
なんと給水所と合わせて、「給スイカ所」があるんですよん

264588_10150680216065557_646725556_19532094_4387746_n.jpg

全国ランニング大会100撰にも選ばれていて、13,000人の市民ランナーが走ります
10キロのローカル大会とは思えない大人気ぶりでエントリーは毎年即日で満員になっちゃう
私は2次募集の抽選で当選友達の半分は落選しちゃったので、結構狭き門だったみたい
来年からは完全に抽選になるそーで今年走れてよかったぁ

DSCF0323.jpg

天気は薄曇りで、走るには最適の天気でした
269433_10150680216200557_646725556_19532101_1937211_n.jpg

仮装ランナーもいっぱいで楽しかったぁ
271063_10150680216125557_646725556_19532097_1918346_n.jpg

富里のスイカは甘くておいし~レース後もみんなでパクパク
DSC04205.jpg

スイカバルーン
DSC04210.jpg

タイムはnet52分25秒でした~
いかんせんいつもタイムをちゃんと計って走ってないから、よく分からずナンですが、
漠然と「1時間以内では走りたいな~」ってのは無事クリア
で、前回よりほんの数秒だけどいちおータイム更新はしたらしいわーい

大会後は、打ち上げで暴飲暴食
消費したカロリーの倍は摂取したねたのしかった~
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

6/4-5 八ヶ岳(編笠山・権現岳・三ツ頭)③

そして翌朝。
テントの外に出ると、真っ白!見事にガスってます・・・
昨日はあんなに間近にハッキリと見えていた赤岳も、今日は見えない・・・
そして強風
DSC03906.jpg

予報では今日も晴れでしたが・・・山の天気はこんなもんですね
優しく迎え入れてくれたかと思えば、厳しくはねのけてみせたり。
めまぐるしく表情を変え、けして支配できない。
今日の赤岳は、昨日とは全く異なる表情に変わっていました。
DSC03909.jpg
キレット縦走での赤岳登頂。
チャレンジしたい気持ちと、恐怖が交錯しました

・・・
山は逃げない。
またのお楽しみにしましょう

帰りは権現岳から三ツ頭を回って観音平に帰ります
これが大当たり!最高に気持ちよく、楽しいルートでした
DSC03926.jpg

歩いているうちにだんだん天気がよくなってきました
DSC03922.jpg

なだらかなで優美な稜線は歩き易く、お散歩気分。
キレットでの緊張感はどこへやら
DSC03933.jpg

三ツ頭に着く頃には、ガスも抜け十分な視界が得られました!
DSC03927.jpg

三ツ頭、あなどれません!権現岳、阿弥陀岳、赤岳を望む絶好の展望台です。
この先もずっと展望がよく、自分達が歩いてきた稜線を眺めながら歩けるのは最高でした!
DSC03949.jpg

また驚いたのは、昨日歩いた尾根とすぐ隣の尾根なのに、その趣は全然違うこと。
これまでのガレガレ・ザレザレの世界からは打って変わり、
緑豊かで、あちこちから野鳥のさえずりが聞こえる「癒しの世界」って感じでした
生えている草木・お花もまた全然違って、八ヶ岳の奥深さを感じました
DSC03951.jpg

天候はまたすっかり回復し、今思えばあのままキレット縦走も可能だったかも?
でもそうしていたら、この景色には出会えなかった。
今回は自然のいたずらを最高に楽しめた、素敵な山歩きになったと思います
DSC03978.jpg

やっぱり八ヶ岳最高また来るよ~
IMGP0100.jpg



>詳しい登山情報は「ヤマレコ」
>編笠山の記事は「6/4-5 八ヶ岳(編笠山・権現岳・三ツ頭)①
>権現岳~キレット小屋の記事は「6/4-5 八ヶ岳(編笠山・権現岳・三ツ頭)②

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

6/4-5 八ヶ岳(編笠山・権現岳・三ツ頭)②

DSC03817.jpg
次に目指すは権現岳!急峻な岩稜です。

DSC03822.jpg
相変わらず展望は最高!

DSC03826.jpg
富士山捕まえた!

DSC03821.jpg
けっこうな斜面です。山スカがそろそろ気まずくなってきました

DSC03837.jpg
荒々しい岩肌の斜面をトラバース。
足元はしっかりしてるので、大丈夫。

DSC03838.jpg
鎖場登場~

DSC03839.jpg
よいしょよいしょ。

DSC03841.jpg
赤岳キレット見えた!

DSC03846.jpg
権現小屋に着きました~。
こじんまりとした小屋ですが、ここも素晴らしいロケーションです。

DSC03853.jpg
権現岳山頂。せまいトンガリ

DSC03868.jpg
いざキレットへ!

DSC03871.jpg
名物「源治梯子」でた~。
いきなり下りで61段…。ビジュアル的にキツイ。
けど、これがあるおかげでこんな岸壁を登り降りできるんですもんね、
そう考えるとひじょーにありがたい梯子ですわ。。。

DSC03881.jpg
緊張感のある道のりです。

DSC03884.jpg
旭岳を越えたらそろそろ…

P8122210.jpg
キレット小屋に着きました!
改築したばかりでとっても綺麗!
今はまだ営業していませんが、トイレ・テン場は使用可能です。
テン場は最高のロケーション!
赤岳が・・・目前に雄雄しくそび立っています。

DSC03899.jpg
Aさん、Sさんとこの感動を共有しながらの晩餐。なんて贅沢なひとときだろう
「明日はあの頂を登るのか・・・」
そう思うと、興奮と緊張があいまって、心臓がすごくドキドキしていました。
そしてだただ、日が沈むまでずっと赤岳を眺めて過ごしました。

DSC03904.jpg
偉大なる赤岳。その懐に抱かれて過ごす静かな夜…最高でした

>「6/4-5 八ヶ岳(編笠山・権現岳・三ツ頭)③」に続く

<編笠山の記事は「6/4-5 八ヶ岳(編笠山・権現岳・三ツ頭)①」へ

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

6/4-5 八ヶ岳(編笠山・権現岳・三ツ頭)①

6/5は八ヶ岳開山祭
山で知り合った方に伺って、休みが取れたら行ってみたいなぁと思っていました。
でも今月はスケジュールが厳しく、半ば諦めていたのですが…
予想外の連休ゲットしちゃいました

これは行くしかない、八ヶ岳天気予報もイイ感じ 
連休となったら、やっぱり…
念願のテント泊デビューですよっ

yatu_01.jpg

八ヶ岳は、私がソロ(単独行)デビューをした山でもあります
八ヶ岳はとてもいい山域です。
まずアクセスがとてもよい。山小屋がたくさんあって、どこも快適
…ってそれは山本来の魅力じゃないよねって思う方もいるかもしれないけど
何か「初めて」のことに挑戦するにはとてもいい環境です

山の魅力は、もちろん、言うまでもなく素晴らしいですよ
豊かな緑、清らかな沢、大パノラマの展望…
なだらかに優美な稜線もあれば、荒々しい岩稜もあり…
いろんな表情を見せてくれます
自然の優しさも険しさも、魅力が凝縮している感じがします

そして、またここでテント泊デビュー。
勝手に運命を感じてしまいました

yatu_03.jpg

さて、行くとなったら山行計画
なにしろ初めてのテン泊なので、今回はしっかりと...

日帰りなら美濃戸からの赤岳ピストンの予定でしたが、
いろいろ考えているうちに、観音平からの編笠山・権現岳が気になってきました
未知の八ヶ岳のピーク達。そしてキレット縦走で赤岳…
初めてのテン泊で、そりゃいくらなんでも無理かなぁ。。。

小屋に問い合わせたところ、考えたルートは現在残雪も殆どなく通行可能。
体力・天候をみながら、無理せず判断していけばチャレンジできそうです。

考えたルートは、
①観音平~編笠山~権現岳~キレット~赤岳~南沢~美濃戸(タクシー)~観音平
②観音平~編笠山~青年小屋~権現岳~三ツ頭~観音平

気がつけば開山祭はどこへやら…
とにもかくにも、八ヶ岳八ヶ岳が私を呼んでいる~ということで、出かけます

DSC03730.jpg
観音平駐車場は、小渕沢インターから車で10~15分の好アクセス
全て綺麗な舗装路で、道中にはコンビニも温泉併設の道の駅もあり…
駐車場内にも仮設ながら綺麗なトイレがあって、で、無料。
なんて素敵な八ヶ岳の玄関口

DSC03734.jpg
本日はAさん、Sさんと一緒に歩きまーす。

DSC03740.jpg
カラフルに彩られた森にあたたかい日差し。とっても気持ちいいです。

DSC03752.jpg
木々が開けると…見えた!富士山!

DSC03756.jpg
押手川、一応水場ではありますが、あまり水量が多くないので、スルー。

DSC03771.jpg
更に高度が上がると、今度は南アルプスがドドーン!

DSC03784.jpg
富士山と南アルプスのコラボレーション!

DSC03791.jpg
編笠山に着きました!八ヶ岳のピーク達が間近に連なっています

DSC03797.jpg
まさに360度の大パノラマ!
富士山、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、全てが一望できました!!

DSC03801.jpg
場所によっては残雪も。
でも危険個所には残っていないので大丈夫。

DSC03804.jpg
青年小屋が見えてきました~
岩がゴロゴロ転がる、険しい山容になってきました。

DSC03807.jpg
一休みして作戦会議。
ペースは順調、体力も天候も上々なので、このままキレット小屋を目指すことにします。

DSC03809.jpg
キレット小屋の水場はアテにならないので、ここで水調達。
清らかなお水が惜しげもなく溢れ出ています。冷たくて美味しい!

DSC03815.jpg
いざ!ガレガレ・ザレザレ・ワールドへ!

>「6/4-5 八ヶ岳(編笠山・権現岳・三ツ頭)②」に続く

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

6/18-19 尾瀬沼・燧ケ岳 Day②

尾瀬2日目。
今日は尾瀬沼から、小淵沢田代、大江湿原を回って、大清水に帰ります。
今日も大きな荷物は尾瀬沼ヒュッテに置いて、軽装での散策、楽ちん

小淵沢田代への道は、尾瀬の登山道の中ではあまり整備されてない方らしいのですが、
私はこれくらいの方が、自然な感じでいいかなと思います。
人もあまり多くないからか、野鳥がとってもたくさん生息しているみたい!
あちこちから野鳥の鳴き声が聞こえてきて、とても気持ちのいい道でした。
DSC04110.jpg 

ゆるゆると峠を越えて歩くこと、小一時間。
すると、そこにポッカリ美しい湿原が現れました!!
DSC04122.jpg 

とっても気持ちのいい湿原です。
尾瀬の銀座通り?から離れた、穴場的スポットのような感じ。
海でいうとプライベートビーチ的な…なんだかとても心安らぐ素敵な空間でした。
DSC04135.jpg 

ここからは、日光や奥鬼怒の山々が見渡せます。
ひょこっと富士山のようにも見える山が日光白根山だそうです。
今度男体山と合わせて登りたいなぁ~と思ってます。
DSC04131.jpg 

30分ほど歩くと大江湿原に出ます。
ここもお花の名所尾瀬らしい開放的な湿原風景が広がります。
DSC04189.jpg 

水芭蕉がいっぱい。
DSC04194.jpg 
 
綺麗な小川もあって・・・
RIMG0234.jpg 

尾瀬って本当にいい所ですね
DSC04209.jpg 

尾瀬沼ヒュッテに戻ったら、荷物をまとめて大清水に帰ります。
DSC04177.jpg 

みんなで記念撮影して、
DSC04176.jpg 

さよなら燧ケ岳!また来るよ~!!
DSC04183.jpg



>詳しい登山情報はヤマレコで!
>燧ケ岳登山の記事は「6/18-19 尾瀬沼・燧ケ岳 Day①」で!

尾瀬で出会ったお花達
RIMG0152.jpg

 DSC04008.jpg

RIMG0198.jpg 

DSC04162.jpg 

RIMG0159.jpg 

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

6/18-19 尾瀬沼・燧ケ岳 Day①

初めての尾瀬!行って参りました~
なりた登山会メンバーとの会山行です

タッキー&めぐ夫妻は、今回が記念すべきテント泊デビュー
登山初心者の若夫婦はいきなりテン泊装備一式なんて揃えられません…
が!!経験者のメンバーさん達が至れり尽くせりの全面バックアップ

シュラフにテント、ザックに小物などなど…
自分で買ったらかなりの高額になる品々を快く貸してくださり、
きめ細かいアドバイスやフォローも!感涙モノでしたねっ
おかげさまで、2日間で30km超、しっかり歩き倒してきました
素晴らしきかな、山仲間

DSC04000.jpg
大清水駐車場から出発!

DSC04012.jpg
三平下。見えた~尾瀬沼!きれいです

DSC04031.jpg
尾瀬沼ごしに見る燧ケ岳!

DSC04039.jpg
尾瀬沼ヒュッテに大きな荷物を置いて、燧ケ岳を目指します

DSC04042.jpg
広大な湿原には水芭蕉がいっぱい!
まずまずの天気で山頂からの景色にも期待が広がります

DSC04048.jpg
…が、おやおや、だんだん天気が怪しくなってきました…。

DSC04051.jpg
場所により残雪ありでも注意して進めば特に問題ありません。

DSC04060.jpg
あー、降ってきちゃいました

DSC04069.jpg
俎(まないたぐら)山頂付近は岩場。危険な感じはないです。

DSC04071.jpg
雨降りやまず…。展望ゼロの山頂に着きました
柴安(しばやすぐら)への稜線は残雪多く、天候も悪いので今回はパス。
また天気のいい時に別ルートで登ってみたいですね!

DSC04080.jpg
下山時の長英新道。もはや沢状態。プチ沢登り気分を楽しみました
下の方はドロドロの田んぼ状態。我々はここを「ヌメリ新道」と名付けました。

DSC04092.jpg 
尾瀬沼ヒュッテのテン場はウッドデッキ、静かな森の中のナイスロケーション。
トイレ・水場まで少し歩くけど、500円でお風呂も入れるし、トイレは水洗だし、快適過ぎるほど

DSC04098.jpg 
これぞ尾瀬クオリティ?!もはや山小屋ではありませんねー。
リゾートビレッジって感じです。

ふだん山ではお風呂なんて入れないものと諦めているので、それがストレスにはなりませんが、
今日は1日雨に打たれてさすがに寒かったので、予想外にお風呂に入れたのは嬉しかった
山中なのでもちろん石鹸・シャンプーは使えませんが、体の芯から温まり、生き返りました

そして夜はお楽しみの晩餐会
各自持ち寄りの山食・おつまみがズラリ並びます。 んー、満足満足!!
写真撮り忘れちゃったけど、なかなか豪華な食卓でしたよ
山談議もはずんで、笑いまくって、とっても楽しい夜でした

>「6/18-19 尾瀬沼・燧ケ岳Day②に続く

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

キャンドルナイト?

わぉ、Myグリムスがキャンドルナイト

1308567376_03042.jpg

そっかー、明後日が夏至か、でキャンドルナイト
やってみようかなー?

テーマ : その他
ジャンル : その他

遥かな尾瀬~♪

夏がくーれば思い出す~
RIMG0152.jpg

遥かな尾瀬~
DSC04042.jpg

遠い空~
DSC04183.jpg

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

キーワード検索
毎日のつぶやきはこちらで★
お気に入り
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。