プロフィール

ゆか

Author:ゆか
スノーボードの選手時代、拠点にしていた北海道でバックカントリー(自然の山を登り滑走するスタイル)に目覚める。
気がつけば山を登ること自体が楽しくなっていて・・・。地元千葉に戻った今は自称「週末登山家」(笑)に変身★
関東平野の真っ只中で暮らすふつうのOLは、週末になると気の向くまま各地の山を渡り歩くのです♪
2010年、趣味で千葉県成田市発「なりた登山会」を結成しました★

■当ブログはリンクフリーです■

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Eco Action
ブログで苗木を育てています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島トレッキングDay3-5(宮之浦岳縦走)

とうとう今日から奥岳縦走!
奥岳とは標高1,000m超の山が47座もひしめく「洋上アルプス」屋久島の核心部。
九州最高峰の宮之浦岳(百名山/1,936m)を主峰として連なる、1,800m超の高峰たちです。
麓からはその姿を見ることができません。
海もしくは山の上からでしか見ることのできない、神秘の山々です

ルートは、淀川登山口~黒味岳~宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峡。
屋久島の山の魅力が凝縮された縦走ルートを、1泊2日で歩きます。
標準コースタイム

天気予報は2日とも晴れ
「屋久島では1か月35日雨が降る」というくらいで、山の上ではどうだか?
油断はできないけれど、嬉しい好天の中出かけることにします
避難小屋に泊まるのは今回が初めてなのでドキドキです…。

DSC03388.jpg
AM05:00に安房の宿をタクシーで出発。
途中で紀元杉にも立ち寄り、40~50分くらい?で淀川登山口に到着。
06:00から登山開始。

ちなみに…
淀川小屋~新高塚小屋まではトイレがありません。
携帯トイレを持参して「トイレブースで」用を足すことになるので、お忘れなく~!
逆に水は持参不要。道中に水場はたくさんあるので、その都度少しづつ補給しましょう。

DSC03397.jpg
トーフ岩。どちらかというとロールケーキっぽい。

DSC03404.jpg
花之江河。視界が開けてとても気持ちのいい湿原です
季節によっては綺麗なお花も楽しめるのかな。

DSC03412.jpg
黒味岳への道はけっこう急。
でも黒味分かれから1時間あればピストンできるので、時間と体力があれば是非!
もちろん荷物デポってもOKです。

DSC03417.jpg
黒味岳山頂は凄まじい強風で岩のてっぺんに立つという「アレ」↓はできませんでした。
でも視界はよく、素晴らしい展望を楽しむことができました!

kuromi_top2.jpg
雨風が厳しくなければ、こんな風に岩の上に立つことができるんですよ。
パッと見すごい光景ですけど、実は岩の裏側から簡単に登れるのでオススメ

DSC03423.jpg

DSC03424.jpg

DSC03436.jpg

DSC03437.jpg
奥岳はとても神秘的な世界。
豊かな緑に白骨杉のコントラスト、いたずらに並べられたような巨石達。
まるで神々が遊ぶ庭のような感じがしました。

DSC03445.jpg
宮之浦岳山頂!
こんな晴天の中登頂できるとは!!
360度の大パノラマ、感動です!!

DSC03448.jpg

DSC03449.jpg

DSC03461.jpg
平石展望台~新高塚小屋の間も問題なく通行できました。
つい先日まで積雪がかなりあったようですが、昨日の滝雨でかなり一気に解けたかな?

DSC03465.jpg
13:30新高塚小屋に到着~!(水場・トイレ有)
予定よりだいぶ早く着いたので、ゆっくり休めます。
後からやってきた福井のパーティと一緒に、夜は大宴会になりました

DSC03468.jpg
ヤクシカも遊びにやってきて…
たくさんの素敵な出会いと共に、屋久島3日目の夜は更けました
って就寝18時だけど!だって電気ないし~

初めての避難小屋は想像より快適。基本的にどこでも寝られる私はこの晩も爆睡しました
小屋にたくさん現れると聞いていた野ネズミには、幸か不幸か出会いませんでした

DSC03470.jpg
4:30ヘッドランプをつけて出発。(写真は真っ暗でなにがなんだか)
縄文杉をはじめとする巨大な屋久杉巡り、そして「もののけの森」として知られる白谷雲水峡を抜けて下山します。

DSC03473.jpg
これがかの有名な縄文杉。荘厳です。
かなり混雑する場所のようですが、早朝に到着した私達はこの場所を独占できました

DSC03487.jpg
ウィルソン杉。
切り株ですが、その大きさは縄文杉以上だったとも言われる巨木です。
そしてこの切り株にはこんなサプライズが…

DSC03482.jpg
中に入って見上げると…ハート!!
見上げる場所によって形が変わりますので、探してみてくださいね

DSC03516.jpg
辻峠から少し足を延ばせば太鼓岩に出ます。
急ではありますが往復30分程度なので、是非行きましょう
素晴らしい大展望に出会えますよ
この日は山桜がパッチワークのようになっていてとても綺麗でした。
もちろん荷物はデポってOKです。

DSC03527.jpg
まさしく「もののけの森」
イメージしていた通りの屋久島の森がそこにありました
こんな素晴らしい景色の中歩けるだなんて…夢みたい~

DSC03534.jpg
白谷雲水峡の登山口に到着!
感動の連続で、疲れを感じることはありませんでした
疲れてないはずはないんですけど、ハイになっちゃってたんでしょうね
なにしろ下山後、また無駄にその辺の山道を8キロほど走りにいっちゃいましたから
さすがに同行の先生に呆れられちゃいました

最終日はヤクスギランドを歩き、5日間めいっぱい遊んだ屋久島トレッキング終了。
屋久島の山、最高です!!
今度行く時は、永田岳、太忠岳、モッチョム岳、愛子岳など登ってみたいです

【お役立ちサイト】
屋久島観光協会:観光・登山に必要な情報が網羅されています。
ヤマレコ:個人レベルの最新登山情報がチェックできます。
twitter:これもリアルタイムの情報が見られるので便利。気になるキーワードで検索。
楽天トラベル:宿、レンタカー手配に。ワンクリックで最安料金checkができて使いやすいです。



<コースタイム>
【4月24日】
06:00 淀川登山口
06:30 淀川小屋
07:40 小花之江河
07:50 花之江河
08:10 黒味分かれ
08:40 黒味岳山頂(休憩)
09:15 黒味分かれ
10:50 栗生岳
11:10 宮之浦岳山頂
11:45 平石展望台
13:15 新高塚小屋(泊)

【4月25日】
04:40 新高塚小屋
05:25 高塚小屋
05:40 縄文杉
07:00 ウィルソン杉
07:20 大株歩道入口
08:50 楠川分かれ(小杉谷バイオトイレ・水場)(食事・休憩)
09:15 楠川分かれ発
09:30 辻峠
10:00 太鼓岩
10:20 辻峠
12:00 白谷雲水峡
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

屋久島トレッキングDay2

屋久島2日目。
天気予報通り、朝方は凄まじい雨でした。まるで滝のような…
これじゃさすがに登山は無理でした、レンタカーを借りて島内一周に出かけます
屋久島は「1か月に35日雨が降る」というくらい雨が多い島
最初から雨の中を歩く想定でいますが、さすがに「雷雨」予報の中出かける程タフではないので

こういうことも考えて、日程には余裕をとってあるので大丈夫。
縦走ルートも通行できるようになったようなので、明日から奥岳縦走します

レンタカーはスズキレンタリース屋久島で。
楽天トラベルを通して予約し、驚くほど安かった!
「古い車とか??」大丈夫かしらと思ったけど、ピカピカの綺麗な車をお借りできました
サービスもよくておすすめ

DSC03342.jpg
ヤクシカとヤクザル。小柄でおとなしくてカワイイ!!
西部林道あたりは車中からも大自然を楽しむことができて、動物たちもいっぱい。

DSC03345.jpg
屋久島の海と山。なんて綺麗なんだろう

DSC03352.jpg
大川の滝(滝100選) 滝壺近くまで歩いていけます。
雨後の滝巡りは水量が増して迫力満点!!すごい水しぶき!

DSC03361.jpg
フルーツガーデンで一服。

DSC03366.jpg
平内海中温泉 干潮時の前後2時間位しか入浴できない天然温泉。
脱衣所もない混浴なので、ハードル高し。断念。夜ならアリかも~?星空見ながらとか…

DSC03370.jpg
男女別の尾の間温泉に入浴趣のある湯小屋で、泉質もGood
ここは蛇ノ口滝への登山道入り口でもあります。
今回は時間がなくて行けなかったけど、次回は!!

DSC03369.jpg
モッチョム岳(940m) 標高は高くないものの、荒々しく個性的な岩稜で格別の存在感。
屋久島三大岸壁の一つ。こちらも次回は是非登りたい山。

DSC03372.jpg
千尋の滝

DSC03377.jpg
トローキの滝

DSC03383.jpg
安房の街にある定食屋さん「かもがわ
新鮮な地魚料理がリーズナブルに楽しめますそしてボリューム満点!!

おなかも心も満たされて…
レンタカーは安房に乗り捨て。半日の屋久島1周ツアー終了!楽しかった~

今晩は淀川登山口により近いベースタウン「安房」にステイ。
選んだお宿は「ガラッパと健吉」さん。
ここがまた最高に居心地のいいお宿でした
素泊まり宿ですが、バーがあって、部屋も綺麗で快適。宿の方も親切だし~。
また三岳で飲んだくれ屋久島の夜は更けるのでした…

>屋久島トレッキングDay3-5に続く。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

屋久島トレッキングDay1

まとまった有休が取れることになったので…
急遽思い立ちました…そうだ、屋久島に行こう

日程は4/23~4泊5日。GW前の閑散期です。
特に今年は震災の影響で外国人旅行者が激減、当時は国内もすっかり自粛ムード真っ只中
(そんな訳で私もたまっていた有休を消化できることになったのですが)
私の住んでいる街も被災地の一つなので、大変なこともありました。
でも「自粛」が被災地の為になるとは思えなかったので、むしろ出かけようと思いましたね

ボランティアや節電など、各々できる限りの努力をするのは勿論ですが、やみくもな自粛は経済を停滞させるだけ
消費がなければ、復興に必要なお金は生まれないですから。元気な人達はどんどん動かないと
…なんて考えはその後一気に広がり、GWはかなりの人が動いたみたいですけどね

untitled.jpg

さて行くとなったら、せっせと情報収集です
学生時代のアルバイトも入れると、旅行業界に約15年従事しているのでこの辺は得意
天候や山のコンディションにより、無駄なくフレキシブルに行動できるよう計画
プランA~Eまで代替案を考えました。
マイカー山行と違って「また来週」とはいかないので、気合い入れましたよ
結果、内容の詰まったトレッキングツアーを格安にすることができました
屋久島トレッキングツアー行程表

時期にもよると思いますが、屋久島ツアーはオリオンツアーが安いと思います。おススメ。
(私は1泊5日のフリープランを予約し、島内でのアクティビティは全て自分でアレンジしました。)
縄文杉や白谷雲水峡あたりのトレッキングなら、ガイド付のオプションツアーもあるみたいですね。
道迷いの心配はまずないと思いますが、ガイドさんからいろいろなお話を聞けるのはいいかも~?

早割使える人には、更にこんな裏技?もあるようです
自分で作る屋久島格安ツアー

ガイド付きの「登山ツアー」だと、毎日旅行とかクラブツーリズムが大手で安心なのかな?
しかし、宮之浦岳を含むツアーは14~15万くらいとお高い

800px-Miyanouradake.jpg

屋久島は、標高1,000~1,900m級の山々が46座もひしめく山岳島。
ここには九州の高峰7座が集中していて、「洋上アルプス」とも呼ばれています。
地理上は亜熱帯に位置する島ながら、山の上は亜寒帯の寒さ!雪も積ります
なんと「九州から北海道までの気候が、一つの島に凝縮されている」!!
この自然の特異性から、屋久島は世界遺産に指定されているんですね。

今回のトリップでは、その核心部・奥岳縦走が主な目的です。
奥岳とは宮之浦岳(1,936m)を主峰として連なる、標高1,800m超の高峰たちのこと。
麓からはその姿を見ることができない「神秘の山々」です

しかし情報によると、今年は屋久島でも大雪の影響が出ているようです
例年ならばもう登山シーズンですが、まだ山頂付近の積雪が多く縦走は厳しい状態とのこと
まぁ山のコンディションをみながら、無理せず行きましょう好転に期待して!

と言う訳で、4泊5日の屋久島トレッキングツアー始まり始まり~
DSC03322.jpg
飛行機で羽田から鹿児島へ。
鹿児島からは高速船で屋久島に向かいます。
飛行機もありますが、時間があればいいですよ、船。安いし、海からの景色をゆっくり楽しめる。
鹿児島港ではどどんと桜島がお出迎え!!圧倒的な存在感です。

DSC03334.jpg
向こうに見えるは100名山の開聞岳(百名山)。富士山のような美しい姿です。
また九州に行く時は登ってみたいな。

DSC03335.jpg
屋久島に着き、用足しを済ませた後は宿の周りを軽く走ります
旅ランin屋久島最高です~

DSC03338.jpg
空は少しどんよりしてますが、豊かな緑を蓄えた山並みはとってもいい雰囲気。
島の約90%は森という屋久島!島中がマイナスイオンで満たされてる気がします

27889613cfa19770b5b8-LL.jpg
宿に帰ったらおかみさんの美味しい手料理に舌鼓新鮮な地魚が食卓に並びます
普段はビール党の私も、今日は地元の芋焼酎「三岳」で乾杯!美味しい
おかみさんや他の登山者さんと山談議に花を咲かせます
私にとって、山歩きの楽しさは頂を目指すことだけじゃないんですよね。
山を通して、老若男女関係なく気さくなコミュニケーションできるのが楽しいんです
初めての屋久島ナイトとってもいい気分…

明日は午前中天気が悪いので、レンタカーで島内周遊します
そして吉報!現地で確認したら、とうとう縦走ルートが登山OKになったと
明後日から奥岳縦走です

>屋久島トレッキングDay2に続く。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

キーワード検索
毎日のつぶやきはこちらで★
お気に入り
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。