プロフィール

ゆか

Author:ゆか
スノーボードの選手時代、拠点にしていた北海道でバックカントリー(自然の山を登り滑走するスタイル)に目覚める。
気がつけば山を登ること自体が楽しくなっていて・・・。地元千葉に戻った今は自称「週末登山家」(笑)に変身★
関東平野の真っ只中で暮らすふつうのOLは、週末になると気の向くまま各地の山を渡り歩くのです♪
2010年、趣味で千葉県成田市発「なりた登山会」を結成しました★

■当ブログはリンクフリーです■

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Eco Action
ブログで苗木を育てています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武甲山でお花見ハイキング

どうにも更新がおろそかになってしまうんですが…(笑)
あいかわらず元気に山に出かけております~
先日は武甲山でお花見ハイキングしてきましたよ
この時期の里山はよいですね~
カラフルでまさに春爛漫といった感じです
今年もいいシーズンになりそうです!

DSC08139.jpg

スポンサーサイト

VIVA FUJIYAMA!

今年の夏は何万人の人が富士山のてっぺんに立つのかな?
色彩の少ないザレザレ山ですが、やっぱり日本一の山
「富士山は下から眺めるもんだ」と言わず、是非一度は登ってみましょう
絶対感動するし、いろんな驚きがいっぱいいい思い出になりますよ~

1994814-abetouge1a.jpg

富士山に登ったのは5年前かな~?
私達は8合目の山小屋に泊まり、その晩はものすごい雷雨でした
「ご来光は無理かぁ…」なんて思っていたら、出発する頃にはすっかり静かに
なんと登山道から、眼下の雲の中で雷がピカピカ光る姿を眺めることができました

ご来光を目指して、山頂に向かう登山道は人、人、人…の大渋滞
人ごみの中、まさに牛歩状態でジリジリ進みます
こういうのが嫌だ!っていう人もいるけど、私はこれも富士山ならではでいいんじゃないかと
ヘッドランプの光が連なって綺麗だな~って思いましたよ

IMG_4788-750.jpg

865f.jpg
日本一の場所で見るご来光は格別!

3c30.jpg
頂上では歓声が上がり、友達やたくさんの登山者と感動を共有しました

2126.jpg
見事な夏空。そして雲海。

ecad.jpg
標高3,776mの独立峰から見る景色。「日本を見渡す」と言っても過言ではないかも…

fe03.jpg
雲上の街。郵便局から記念の葉書が投函できます

1210.jpg
どどーんと影富士登ればこそ出会える景色

a773.jpg

日本人なら一度は富士山
余裕を持ったスケジュールで、無理せずに行けば、子供から年配の方まで楽しめる山です。
ソロ行こうとは思わないけど、またそのうちにみんなでワイワイ出かけたいですね" border=
日本一の山はやっぱり荘厳で特別な感動があるそれをみんなで共有するのが最高です

GWは女子登山会♪

GWは女子登山会
ピークを踏むことに拘らず、あくまで「楽しむ」ことを目的とした山歩きをする会です
山の楽しみ方はいろいろ。自由でいいんです。
険しい頂を目指すばかりが登山じゃない、「ゆる登山」だってとっても楽しい

参加メンバーにもよりますが、基本的に歩行時間2~3時間程度のコースで。
3時間以上のコースの場合は、体調・天候次第ではロープウェイやバスを使っての下山が可能であるとか、エスケープルートが取れる山を選んで企画します。

今回は箱根の神山・駒ヶ岳をチョイス…
と、ところがどっこい、このGWを境に世間は自粛ムードから一転!
予想を遥かに上回る大渋滞で、東名は全く先の見えない状態に…。

予定を変更して、丹沢に行くことにしました。
それにしても、成田から丹沢までかかった時間はなんと7時間半
着いた頃には14時過ぎだったので大山の裾をノンビリ2時間ほど散策して楽しみました

鮮やかな新緑を満喫しながら見晴台まで。
天気予報は晴れだったものの、山では小雨がちらつく天気
丹沢の山並み大展望とは行きませんでしたが、露に濡れた新緑は鮮やかさを増し、晴れの日にはない趣を味わうことができました

女子登山会では、みんなまぁよくしゃべる
仕事のこと、家庭のこと、日々のストレス?ぜーんぶ大自然の中で発散しちゃいますから
またの名をデトックス登山

今度はどこに行こうかな?

DSC03580.jpg

DSC03574.jpg

DSC03578.jpg

DSC03591.jpg

DSC03592p.jpg

DSC03606p.jpg

DSC03609p.jpg

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

棒ノ嶺(棒ノ折山)でお花見登山♪

今週末は奥武蔵の棒ノ嶺(棒ノ折山)へ
震災以降、久しぶりの山歩き!ドキドキです。
身の回りのゴタゴタもあったし、千葉ではまだ余震が続いているし…
暫く山は無理かなぁということで、この落ち着きない私が1カ月もおとなしくしていたんですよ~。

でもやっぱりいつまでもはジッとしていられない~
震災の影響がない奥武蔵の山に出かけることにしました

実は、出かけるまではかなりドキドキしてたんです。
「また大きな余震が来たらどうしよう」とか…
でもいざ出かけてみると、そこにはほのぼのと心癒される里山風景が広がっていました。
やっぱり来てよかった
震災以降の閉塞感から解放された瞬間でした

DSC03210.jpg
さわらびの湯駐車場から出発。
ここには綺麗な水洗トイレあります。この先登山道にはトイレがないのでご注意を。

DSC03211.jpg
有馬ダムの先まで車道歩きを20分ほど。
スペースは大きくないですが、登山口の手前にも駐車スペースありました。
車道歩きが嫌な方はそこまで車で行ってもいいかも、満車なら戻ればいいし。

DSC03217.jpg
暫くは樹林帯を歩きます。

206298_10150564684635557_646725556_18327972_6223586_n.jpg
沢に出ました。数回浅瀬を渡りながら歩を進めます。楽しい

DSC03232.jpg
棒ノ嶺と言えば、やっぱりこのゴルジュ(切り立った岩壁にはさまれた峡谷)が見どころ!

DSC03241.jpg
降雨もなく水量は少ないですが、プチ沢登り気分で楽しい~

DSC03245.jpg
鎖場もありますが危険はないです。
全体的に登山道はよく整備されていますね。

DSC03249.jpg
東屋で一服。

DSC03251.jpg
岩茸石。

DSC03260.jpg
山頂に着きました~!

DSCF0256.jpg
壮観です!!!

DSC03264.jpg
下山は樹林帯の続く滝ノ平尾根コースを歩きます。

DSCF0251.jpg
可憐なカタクリの花発見。

DSCF0241.jpg
綺麗なお花がいっぱい!(名前が分からない…)

DSC03266.jpg
無事下山~

また行った時期がよかった
春を告げるたくさんの花々が咲き乱れ、山はカラフルなパッチワークに
楽しいお花見登山となりました
やっぱり山はいいな

【コースタイム】
10:00 さわらびの湯駐車場
10:10 有馬ダム
10:20 登山口
11:10 白孔雀の滝
11:30 東屋(休憩)
11:45 岩茸石
12:20 棒ノ嶺山頂(昼食・休憩)
13:00 出発
13:40 岩茸石
15:00 さわらびの湯駐車場

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

高宕山・石射太郎山

今週末はめぐと千葉県・君津の高宕山と石射太郎山へ
天気は快晴久しぶりの山歩きで気分はルンルン

登山道は綺麗に整備されていてとても歩きやすいです。
勾配も緩やかなので、トレランしてもいいかも?気持ち良く走れるんじゃないかなぁと思いました。
とはいえ一歩踏み外せば結構な崖(とても自力では這い上がれない感じの)なんて所も多いから、けして侮れないけど…。
DSC03076.jpg

そのうち登山道は岩の上を歩くようになってきますが、階段状になっていて歩きやすいです。
(「岩場」って感じではないです。)ただ雨の日は滑りそう~。
オーバーハング(ひさしのように突き出た岩壁)の岩壁は迫力あり!
DSC03106.jpg

山頂付近はちょっとワイルドな雰囲気になってきて。
楽しいです~
DSC03109.jpg

ロープの張られた岩場があったり、
DSC03121.jpg

梯子があったりして…
DSC03143.jpg

そして大きな岩と岩の間を抜けると…
DSC03126.jpg

山頂です!
(道中で仲良くなったKさんと。山のことをいろいろ教えて頂きました。)
DSC03141.jpg

標高330mの低山ですが、眺望はとってもイイ!
房総のなだらかな山並みをぐるりと一望できます。天気がよければ富士山も。
DSC03123.jpg

手彫りのトンネルを抜け、階段を下りると高宕観音に出ます。
DSC03149.jpg

ここは廃れたお寺?みたいだけど、この建物だけは綺麗に手入れされて、今はたくさんの登山者達が憩う山小屋のような雰囲気。
日当たりもいいし、休憩場所に最適。私たちもここでランチタイムにしました
地元の方は子供のころここに泊まったりもしたそう!
DSC03152.jpg

石仏は朽ちて、長い年月が過ぎている様子。時が止まっているみたい。
DSC03157.jpg

この先は気持ちのいい尾根道をのんびり歩きます
DSC03163.jpg

石射太郎山に到着!
このあたりは野生のサルの生息地とのこと。出会わなかったけど…。
現在石射太郎山の山頂には柵がしてあって登れないのですが(滑落事故があったとかで)、その手前でも眺望はよかったです。
DSC03162.jpg

ポカポカ陽気で、本当に気持ちのいい1日でした。
これぞ房総の日だまりハイキング
何回もこの山を登っている地元の方々と出会い、いろいろお話を聞けて勉強になったし。
房総の山もいいものですよね楽しかった!
DSC03070.jpg

おちかれさまでした~

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

Exitingな低山♪鋸山マイナールート

今週末はめぐと鋸山へ

もともと、「健脚コース」が復活したという奥久慈男体山に行く予定でした。
が、調べてみると大子町では先週かなり降雪があった為今も場所により路面が凍結しているみたい

山に多少の雪があるのは平気だけど、私の車、今年はスタッドレスに履き替えていないので(10年ぶり!)、危険~。
という訳で、やっぱり今週末もあったか~い房総の山に予定変更!

鋸山といえば、ロープウェイもあって千葉県では遠足やファミリーハイキングの定番となっている山。
私も以前登っているけれど、まぁとにかくひたすら階段、階段…のイメージで
メジャーな山だけあって登山道が見事に整備されているのはいいけれど、面白みに欠ける。
ふつうに登るのもつまらないな~、う~ん…。

ん?いや、メジャーな山ってことはいろんな人が登るんだからマイナールートってのもあるハズ!
…で、調べてみたらやっぱりあるある魅力的なルートが

登りは地図にも載っていない超マイナールート、下りは「沢コース」を行きます。
「車力道コース」からいざ出発!
DSC02923.jpg

車力道コースと言っても、自然がいっぱい。
階段だらけのメインルートより気持ちよく歩けそう。
DSC02924.jpg

小鳥のさえずりがあちこちから聞こえてきます。
DSC02926.jpg

車力道コースから外れてマイナールートへ。
DSC02932.jpg

昔、石を切り出していた場所と思われます。
そこに苔がむし、ちょっと神秘的な雰囲気。まるで遺跡の中を歩いているような気分です。
DSC02934.jpg

DSC029321.jpg

このルートは急な登り下りの連続。ロープがいっぱい。
DSC02939.jpg

DSC02944.jpg

乾燥した山肌は滑りやすいので慎重に。
DSC02950.jpg

出ました!垂直の岩壁!!
パッと見「どうやって…」と思いますが、狭い岩の割れ目に足を置きなんとかよじ登ります。
DSC02951.jpg

すかさず、鋭く切れ落ちた斜面をトラバース。
しっかりとした木の幹や根につかまりながら慎重に…。
DSC02952.jpg

ロープの連続。
DSC02956.jpg

鳥のさえずりと、豊かな自然を満喫しながら…
DSC02960.jpg

心地いい緊張感とともに歩を進めます。
DSC02965.jpg

山頂に着きました!!
そして気がつきました…。
私、山頂にたどり着いたのはこれが初めてです

鋸山は以前に2回登っていますが、メインルートである「関東ふれあいの道コース」から登り、「地獄覗き」や、大仏や観音などがあるテーマパーク的な所(失礼、由緒正しい日本寺の境内です。)をぐるぐる歩いて満足していました。
「地獄覗き」=「山頂展望台」と言われているくらいなので、そこが山頂?なのかと。
「三角点はどこなんだろう~?」なんて思いながら。
ちゃんと地図を見れば山頂はそこでないことがすぐ分かったのに

今回無事三角点をナデナデし、山頂でランチ。
山頂は木が茂っていて展望はあまりありませんが、天気もよくイイ気分です。

しばらくすると団体さんが押し寄せて…狭い山頂はあっという間にすしずめ状態に。
ゆっくりお茶をしてる感じではなくなってきました。退散~!
DSC02977.jpg

下りは「林道コース」から「沢コース」へ。
林道コースはなだらかな歩きやすい道。小さな子供連れの家族も歩いてきます。

沢コースに入ると道が険しくなります。(コース上部は)
痩せた尾根を歩いたり…
DSC02982.jpg

急斜面をロープを使って下りたり…
DSC02985.jpg

真っ暗なトンネルを通ったり。
DSC02992.jpg

変化があって楽しいコースでした。
DSC03000.jpg

3回目にして、大満足の鋸山!無事下山~。
このコースは冬場のトレーニングにとってもイイ!(夏は暑いし…)
多分また行きます

おつかれさまでした~。

【コースタイム】
10:30 登山口>「車力道コース」
11:00 コース分岐
11:40 車力道と合流
11:50 鋸山山頂(昼食・休憩)
12:25 山頂出発>「林道コース」
12:40 「沢コース」分岐
13:50 登山口


テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

2011年初登山♪伊予ヶ岳・富山

2011年の初登山は地元千葉県の山、伊予ヶ岳へ
標高わずか336mの低山ながらも「房総のマッターホルン」との異名をとる急峻な岩峰です。
お隣の富山(とみさん)は里見八犬伝の舞台として有名。こちらもついでに。

今日は仲良し3人組で女子登山
1月とは思えないようなポカポカ日和の中、ゆっくり、楽しく歩きます

登山口は平群神社の裏手。
通りに面して鳥居があるので立っているので分かりやすいです。
鳥居をくぐって進むと、神社の敷地内に無料の駐車場と綺麗な水洗トイレあり
マイナーな山なのかと思いきや、団体さんもいたりして結構な賑わいです。
DSC02812.jpg

DSC02815.jpg

登山道はしっかりと整備されていて迷うようなところはありません。
DSC02821.jpg

山頂が見えてきました。
DSC02823.jpg

富山も向こうに見えます。
DSC02824.jpg

東屋から先は急な岩場。ロープ・鎖場が続きます。
DSC02829.jpg

乾燥した山肌はけっこう滑りやすいのです。慎重に登っていきます。
DSC02833.jpg

DSC02835.jpg

裾野に広がる田園となだらかな山並み。なんとものどかな景色です。
DSC02838.jpg

岩場もすっかりお得意のめぐ。
DSC02840.jpg

気持ちのいい稜線歩き!
DSC02845.jpg

南峰に登頂です
DSC02848.jpg

この先は崖っぷち…。
DSC02847.jpg

写真では分かりづらいけど、海の向こうに富士山が大きくハッキリ見えました。
DSC02853.jpg

北峰から見た、南峰。
DSC02854.jpg

慎重に下山します。
DSC02855.jpg

ポカポカ陽気で本当に気持ちがイイ!
DSC02859.jpg

さと
DSC02862.jpg

めぐ
DSC02872.jpg

伊予ヶ岳、無事下山~。
DSC02882.jpg

お次は富山です。
続けて歩けますが、今回はお手洗いの都合上車で移動し仕切り直し。
DSC02890.jpg

階段が続く~といっても40分くらいのもの。
DSC02892.jpg

なだらかな山並みの向こうに広がる大海原。
山頂展望台からは房総の山ならではの爽快感を味わえました。
DSC02897.jpg

遅めのランチを楽しみ、のんびり下山。
里山の楽しさを満喫した1日でした。おつかれさまでした~。






テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

富士の絶景!金時山

今週末は箱根の金時山へ!

箱根山の外輪山最高峰で、金太郎伝説発祥の地としても知られています。
山頂からの眺めが良く、特に富士山の眺望は日本一とも称されるほどとか。
アプローチもよく、人気の高い山のようです。

本日はザ・ピーカン!
素晴らしい眺望が期待できそう
ワクワクしながら東名高速を走ります

おお~
出ました富士山!!
見なれた中央道からの姿とはまた違って、とても新鮮に感じます
DSC02564.jpg

御殿場インターチェンジから国道を10キロほど道なりに走って…

着きました。登山口となる公時神社。
険しい山道もなく、アプローチいいですね~
DSC02566.jpg

駐車場は無料(満車時は有料駐車場へということになりますが500円と良心的)
公衆トイレもあります。

ただインターから登山口まではコンビニがないのでご注意を。
お買い物はインターから反対方向に少し走って済ませて来るべし。
飲み物くらいならば登山口近くに自販機があるので大丈夫です。

さ、準備を整えいざ出発!
本日のメンバーはしーなさん・タッキー・めぐ・私の4名。
タッキーは本日が登山デビューです素敵な1日になりますように!!
DSC02570.jpg

お、いきなり出ました金太郎のマサカリです
DSC02576.jpg

登山道は整備されていて迷うようなところはありません。
40分ほど歩くと、素晴らしい景色が目の前に広がります
DSC02583.jpg

山頂に近づくにつれ、勾配が急になってきます。
岩場、階段の連続。ところどころ滑るので注意して進みましょう。
DSC02599.jpg

山頂はもう少し…

で、出た~!
山頂に着くと同時にドドーンと富士山がお出迎えです
DSC02606.jpg

そしてすごい賑わいっぷり
やっぱりみんな富士山大好きなんですね
DSC02621.jpg

こーんなお楽しみアイテムもあり
人気の撮影スポットマサカリ待ちで行列してます
DSC02623.jpg

マサカリ贈呈。
DSC02624.jpg

12月とは思えないポカポカ陽気
ノンビリと山頂でランチライムを楽しみます
目前に富士山を眺めながらのランチは絶品!
DSC02617.jpg

お手洗いはとっても綺麗なバイオトイレ。
…ん??金太郎?!
DSC02611.jpg

ズーム
DSC02614.jpg

さて、長尾山・乙女峠を回って下山。眺望のいい稜線歩きを楽しみます。
DSC02626.jpg

乙女峠ではまたまた富士山の絶景ポイントあり。
ご親切に、展望台と撮影用の台が用意されています。
DSC02647.jpg

無事下山!
おつかれさまでした~
DSC02656.jpg

おまけ(帰り道の車道から) ビバ・FUJIYAMA!
DSC02667.jpg

>下山後は「乙女山荘」でひとっ風呂

【コースタイム】
08:30 公時神社前駐車場着
09:00 公時神社登山口発
09:50 矢倉沢分岐
10:10 金時山山頂着(休憩・昼食)
11:50 金時山山頂発
12:30 長尾山山頂
12:50 乙女峠
13:30 乙女口
13:45 公時神社着




テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

キーワード検索
毎日のつぶやきはこちらで★
お気に入り
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。